住宅ローンの説明と斡旋 | エスジーホームズ

サイトマップ       SGのつぶやき              お問合せ

掲載経過により、表現や数値等に差異がありますので、内容はあくまで参考で、詳細はご相談ください。

マンションや家を買う時に、キャッシュで全額払える人は、そうそういませんので、ほとんどの人は金融機関から融資を受ける必要がありますね。何しろ、2000万円とか4000万円 あるいはそれ以上の金額の買物です。
マイホームを持つことは、「家族の夢」を築く人生で非常に大切なイベントとなるでしょう。
だから、住宅ローンを組む前に、じっくりじっくりよーく考えて 決定をして下さいね。

(1)なぜ賃貸は駄目なのか?買う必要ある?
住宅スゴロク
だいぶ前の話ですが、 独身時代は、木造の狭いアパートに住んで、結婚したら、1DKか2Kくらいの賃貸マンションに住み、子供ができたらいよいよマンションや戸建を購入してアガリ という住宅スゴロクがありました。

購入のリスク
経済不況の恩恵(?)で、ひと頃に比べて、住宅購入価格もかなり下がり、おまけに低金利という追い風もあり、住宅を買うには好機と言われてます。
しかし、一方で、景気低迷による厳しい収入環境が現実にあります。
給与は伸びないどころか減額、ボーナスもアテにならないという状況です。先が読めないから、怖いですよね。
賃貸なら、借金という重い責任を負うことなく、毎月決まった家賃さえ支払っていれば、住み続けることが出来るわけですから、リスクはさほど高くありません。
賃貸ならば、家賃の少し安いところに引越し(引越し代や新たな敷金・礼金の追加金額が発生しますが・・・・)すれば、なんとかやりくりできそうです。 数千万円の重しに比べれば、たいしたことはありませんよね。
何故、借金までして住宅を買うのでしょうか? 
(2)売る側からの論理(不動産・金融機関等)
比較論
住宅を買うかどうか迷っている時に、一部の不動産屋や住宅メーカー、マンションデベロッパーなどの方は
「賃貸は、毎月毎月家賃をドブに捨てているようなもの。何故なら、払っても払っても結局は自分の資産になりません。
でも、マンションとかは、やがて自分の資産になります。だって、家賃を払っている同じくらいの金額で、ローンを組めるのですから、買った方がいいじゃないですか!」 
ある意味では、間違っていないと思います。
しかし、実は盲点があり、ここの部分をよく頭に入れて、総合的な判断をするべきです。

(3)購入する際に気をつけたいこと(盲点)
留意点
マンションとかを購入すると、マンションの将来的な維持管理の為、管理費や修繕積立金などが発生します。これは、実際購入したマンションの管理組合に支払うのですが、マンションの規模や築年数にもよりますが、大体2万円から3万円程度はかかります。年額では、20-30万円台です。
それから、マンションという資産を手にした訳ですから、毎年役所から「固定資産税・都市計画税」
の納付書が送られてきます。年4回の分割払いでも可能ですが、これも資産価値によりますが、数万円はかかります。
よって、家賃と同額で、マンションが買えるのではないことを留意して下さい。

予備知識
住宅ローンを組む際に、「団体信用生命保険」に強制加入させられます。(ローン契約に含まれる)
毎月の保険料支払いは発生しません。
不謹慎な話ですが、万が一 契約者であるご主人が亡くなると、その時点でのローン残高の債務はチャラになり、一切免除されるというメリット(?)はありますね・・・
(4)まずはお気軽にご相談下さい(無料です)
不動産って、一般の人にとっては非常にわかりにくいものです。知識がなくて当然です。
金利のことなども、わかりにくいですよね?
住宅ローンのことで、ご相談があれば、お気軽にご連絡下さい。
住宅ローンの支払いの簡単なシミュレーションも可能です。

私たちは、「不動産のソムリエ」として お客様に喜んで戴けるサービスを提供したいと考えています。
ご相談料は、無料ですが、予め電話でご予約等をお願いします。