ためになる、不動産の豆知識です|エスジーホームズ

サイトマップ       SGのつぶやき              お問合せ

掲載経過により、表現や数値等に差異がありますので、内容はあくまで参考で、詳細はご相談ください。
貸主、借主が守らなければならないルール
貸主の義務
・物件(アパート、マンションの部屋)を使用させる
・「適切な状態」で使用させる義務がある為、欠陥が見つかったら修繕しなければならない(民法606条1項)
・賃貸人の負担に属する部分において、借主が自費で故障箇所を修繕し、物件を維持するのに必要な経費を支払った場合、貸主はその費用を支払わねばならない(必要費償還義務 民法608条1項)
・借主がドアのカギを防犯性の高いものなど、物件に改良を加えて「価値」を高めた場合、貸主は、その価値の増加分、もしくは借主が支出した費用のどちらかを支払わねばならない(有益費償還義務 民法608条2項)。尚、有益部分を買い取らないとする特約を貸主は設定する事もできる。

借主の義務
・家賃を支払う義務
・借りた物件を壊したり汚したりしないように、注意深く使う義務(善管注意義務 民法400条)
・契約終了後は備え付けたものを取り外し、元に戻して返還する義務(原状回復義務)
 
不動産の賃貸借契約に関する法律
借地借家法(借主を保護する為のもの)
通常、建物や土地などの貸し借りの場合、貸主の方が強い立場にあり、自分にとって有利な条件や内容で、契約したいと考えるものです。
しかし、借りる側は、仕事で疲れて帰ってきて、ゆっくりと体を休めたり、食事をしたり、入浴したり、家族、友人を呼んだり、自分の生活の拠点を確保するために、その部屋(空間)は必要不可欠なものです。
従って、賃貸借に関する法律等で、弱い立場にある借主は保護されているのです。

不動産の賃貸借契約の種類
物件を貸し借りするときの契約を借家契約(賃貸借契約)といい、この借家契約には、
普通借家契約と定期借家契約の2種類があります。
普通借家契約は、借地借家法の原則が適用されます。
借地借家契約法は、借主の保護を図る為に、
賃貸借期間が満了しても、正当な理由がない限り、貸主は契約の更新を拒絶できないと規定
されています。